海外旅行でドローンを飛ばそうと考えてる旅人は注意!

シェアする

ドローン

スポンサーリンク

海外旅行でドローンを飛ばそうと考えてる旅人は注意!

世界中でドローンで空撮した動画まとめサイト

travelbydrone

http://travelbydrone.com/

首相官邸に謎のドローンが発見され注目浴びましたが、国内の過去の事故を確認

首相官邸の屋上に謎のドローン、 放射能マークの容器から微量の放射線検出
http://japanese.engadget.com/2015/04/22/drone/

2014年4月:名古屋市の繁華街で無人機が墜落
2014年11月:神奈川県大磯町でマラソン大会の空撮中に墜落し、女性スタッフが軽傷
2015年4月:首相官邸の屋上に放射能マークがついており何らかの液体が入った小さなプラスチック容器を搭載したドローンが着陸しているのを職員が発見
2015年5月:御開帳の関連行事「中日庭儀大法要」が行われていた長野市の善光寺境内に落下
2015年5月:横浜市の無職の少年(15)、三社祭でドローンを飛ばすと投稿したとして、威力業務妨害容疑で逮捕

安価なものから売られてるアマゾンで販売されてるドローン一覧

海外では

2014年10月:フランスでは原子力発電所の上空で不審なドローンが目撃
2015年1月:ワシントンでは、政府職員が操縦していた無人機がホワイトハウス敷地内に墜落し、周囲を一時閉鎖する騒動になった
2015年1月:フランスでも、大統領府周辺などで不審な無人機が複数回目撃され、現地警察が警戒を強めた
2015年1月:アメリカとの国境にあるメキシコのティフアナという街のショッピンセンターの駐車場で墜落したドローンには1,500ドル相当もの覚醒剤の1種メタンフェタミン2.7キログラムが積まれていました。

国が違えば法律も違うので注意

パリ上空に無許可でドローンを飛ばせば、最高で懲役1年と8万5000ドルの罰金を科される。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/02/post-3564.php

オーストラリア クイーンズランド州タウンズビル市に住んでいる男性がドローンを使って空中撮影を行い、その動画をYoutubeにアップしたところ、政府から罰金命令書($850)が送られてきたというのだ。
http://selectaus.com/drone-fine/

ドローンを飛ばす国や施設の近辺などによっては今後は罰金だけでは済まない場合も出てくると思われるので、ドローンを飛ばすのも、ドローンを飛ばしている人に近づくのも注意されたい。

よし!今がチャンス!私もLINEスタンプを売ろう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする