海外旅行ニュース 2014年12月24日イブニング

シェアする

  • ワーキングホリデーをするなら断然シドニーをおすすめする6つの理由
  • 雑貨巡りが楽しいフランスの小さな街。カラフルでおしゃれな「バイヨンヌ」
  • 【日本食】旅先でもおもてなし!作ってあげたい日本食10選
  • 次世代バックパッカー必携!  旅先で旅行者・ローカルの人とマッチングしてくれるアプリ「Tripr」
  • ビール党必見】デルタ航空でクラフトビールが飲めるようになる!革命的すぎて毎日飛行機で通勤したいレベル!
  • インドのアライバルビザについて、日本語パンフレットを見ながらご案内します!
ワーキングホリデーをするなら断然シドニーをおすすめする6つの理由

Good day mate!夢は元気なうちに世界一周、シンガポール生まれ東京育ちライターのErikaです。



雑貨巡りが楽しいフランスの小さな街。カラフルでおしゃれな「バイヨンヌ」

パリから高速列車「TGV」で約5時間、フランス南西部のバスク地方。かつてはバスク人が暮らす地域でしたが、度重なるヨーロッパ軍の侵攻により現在はフランスとスペインにまたがる形で分断されています。

【日本食】旅先でもおもてなし!作ってあげたい日本食10選

日本の人が誇りに思っている和食は世界中に愛されています。しかし、実際に他の国に行ってみると「和食=寿司」と考える人が多いことに気付くでしょう。

次世代バックパッカー必携!  旅先で旅行者・ローカルの人とマッチングしてくれるアプリ「Tripr」

 バックパッカーといえば、大きなリュックサックを1つ担いで、行ったことのない街を1人でめぐる姿を思い浮かべるのだが、インターネットとスマートフォンが普及したことで、そのイメージも過去にものになりつつある

【ビール党必見】デルタ航空でクラフトビールが飲めるようになる!革命的すぎて毎日飛行機で通勤したいレベル!

飛行機のサービスの中でオトナのお楽しみと言えば、アルコール類の充実が1つ挙げられると思います。

インドのアライバルビザについて、日本語パンフレットを見ながらご案内します!

インドのアライバルビザが、2014年12月27日から大幅に変わります。 説明会に行って、日本語のパンフレットをもらってきたので、内容をご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク